くすみやしみになる原因と対策方法について

肌は年齢とともにしみやほうれい線シワ、くすみなどの肌のトラブルが増えていきます。顔の皮膚は非常に薄く、乾燥や、汚れの影響を受けやすいこともあり、スキンケアに苦戦しているという人は大勢いるようです。肌にくすみやしみができるのは、紫外線の影響だといいます。強烈な紫外線からお肌をガードすることで、肌の白さを保つことが可能になります。

肌が紫外線を長時間に渡って浴びていると、肌の組織内でメラニンが生成されます。メラニンが生成された状態にあるときに、加齢による肌のターンオーバーの乱れなど肌の調子が悪いと、メラニンが肌に残ってしまいます。お肌にメラニン色素が留まった状態が、くすみやしみができている状態なわけです。しみやくすみの原因から考えると、紫外線の対策さえしっかりしていれば大丈夫だと考えられますが、それだけでは不十分なのです。

しみやくすみがお肌にできるのは、角質層が古くなっても皮膚から除去されていないということも関わっています。お肌の奥にまで、美容効果のある成分を届けたいと思っても、角質層が固くこわばったままでは、せっかくの美容液成分も到達できません。しみやくすみの無いきれいな肌を目指すためには、よく汚れが落ちる洗顔料を選んで、常にきれいな状態にしておく事も大切です。

洗顔後は、美白成分が配合された美容液の利用も、くすみやしみ対策には効果が期待できます。ハイドロキノン、プラセンタ、ビタミンC誘導体などの美白成分が含まれている美容液を使うことが、くすみやしみに対しては効果的です。